ビタミン剤には副作用はないと思っていたのに、飲んだら頭痛と吐き気がしてきました。  
ビタミンには大きくわけて、水に溶けるタイプ(水溶性ビタミン〕と、油脂に溶けるタイプ(脂溶性ビタミン)の2種類があります。
 
水溶性ビタミン
脂溶性ビタミン
種類
ビタミンB群
ビタミン C
ビタミンA
ビタミンD
ビタミンE
ビタミンK
特徴
・水に溶けやすい
・血液や細胞内外の体液にある
油脂に溶けやすい
・肝臓、細胞膜、リポタンパク中にある
注意点
・蓄えられないので毎日とる
・過剰症は少ない
・多少取りだめができる
・過剰症になる場合がある

水溶性ビタミンの場合は、大量に飲んでも、尿と一緒に出ていってしまいますので、副作用はあまり心配しなくても良いのですが、脂溶性ビタミンの場合は、大量に服用するとからだの脂肪分に溶けて蓄積されることがあります。

この中でも、もっとも過剰症になりやすいのはビタミンA です。ビタミンAは、ビタミン剤だけでなく、レバーなどビタミンAの多い食品の摂り過ぎでも起こります。過剰症の症状としては、以下の表のとおりです。

ビタミンA過剰症の症状
・頭痛、吐き気、物が二重に見える
・手足が腫れて、むくむ
・毛が抜ける
・皮膚が赤くなり、発疹が出る

頭痛、吐き気といった症状は、一度にたくさんのビタミンAを摂取した時に起こる急性の症状です。それ以外は慢性の症状で、1カ月大量に取り続けたときに見られる症状です。
ただし異常が起きても、 すぐにビタミンAの服用を止めれば、後遺症もなく症状は治まります。

同じ脂溶性ビタミンでもビタミンDやKは、薬として大量に飲み続けた場合にのみ過剰症が起こります。

ビタミンD過剰症の症状
ビタミンK過剰症の症状
・皮膚が乾燥して 顔色が悪く見える
・食欲不振、吐き気
・のどが渇く、尿量増加
・筋力低下、関節痛
・貧血
・黄疸

このように、ビタミン剤と言っても過剰症があることを忘れずに、適量を守って飲んで下さい。
 

 


  Copyright © 2000-2013 社団法人 沖縄県薬剤師会 All rights reserved.