頭痛のくすりが生理痛にも効くのはどうしてですか?

「痛みのもとのプロスタグランジンに作用してはやく効く」・・・という頭痛薬のテレビCMをご覧になったことがありますか?
この「プロスタグランジン」は、炎症や痛みを起こす体内物質で、頭痛を起こすと同時に、同時に子宮を収縮させる物質でもあります。

生理になると子宮内膜でこの物質が分泌され、子宮にけいれん性の収縮を起こします。これが生理痛の痛みとして自覚されます。
鎮痛薬の主成分(アスピリンやイブプロフェンなど)には、このプロスタグランジンの産生を抑制する作用があり、それにより生理痛が軽くなるのです。

また一方で、プロスタグランジンは血管を拡張させ、痛みに過敏な状態を引き起こします。 これが頭痛の原因だといわれています。
このような理由から、プロスタグランジンが作られるのを阻止する薬は、頭痛にも生理痛にも両方に効果を示すのです。

プロスタグランジンは体内組織のいたるところで作られていますが、作用はその場所に限られており、血流にのって運ばれることはありません。
ですから、生理痛の時に子宮内で増えたプロスタグランジンが、別の場所で頭痛を起こすということではありません。

なお、余談ですが、胃の痛みは「内臓痛」といって、頭痛や生理痛とはちがう仕組みの痛みです。「鎮痛薬」だからといって、胃の痛みには効きません。
胃の痛みには、「 鎮痙薬」という別のタイプのお薬が用いられます。