インデックス
吐かせてはいけない場合
■タバコ
■せっけん・ボディシャンプー
■シャンプー・リンス
■衣類の洗剤
■台所用洗剤
■トイレ・浴室の洗剤
■住まい(ガラスも含む)の洗剤
■防虫剤
■殺虫剤
■乾燥剤・品質保持剤
■電池(ボタン型)
■体温計
■文具類
■化粧品
■医薬品
■食品
■この項目のトップへ

 


《衣類の洗剤

洗たく用合成洗剤(粉末・液体)

◆うすめた液をなめたり、ひとくち程度飲んだ場合
ほとんど問題はありませんが、まず水で口をすすいでください。
念のためコップ1杯程度の牛乳又は水を飲ませます。(食道や胃粘膜を保護するためです)
ただし、様子がおかしいと思ったら、医師に相談してください。

◆原末または薄めた液をたくさん飲んだ場合
すぐにコップ1〜2杯の牛乳又は水を飲ませます。(食道や胃粘膜を保護するためです)
無理に吐かせないでください。吐いたものが気管に入ると肺炎をおこす可能性があります。
嘔吐や下痢症状が激しかったり、様子がおかしいと思ったら、医師に相談してください。

◆目に入った場合
刺激によって充血や痛みが起こることもありますが、大事には至りません。
こすらずに、すぐに水で洗眼してください。
よくならない場合は、眼科医に相談してください。

 


衣類の漂白剤


■洗たく用漂白剤(塩素系・液体)(アルカリ性)
商品名:ハイター ブライト など 
◆うすめた液をなめたり、ひとくち程度飲んだ場合
すぐに水で、十分口をすすいでください。
念のためコップ1杯程度の牛乳又は水を飲ませます。(食道や胃粘膜を保護するためです)
ただし、様子がおかしいと思ったら、医師に相談してください。

◆原液または薄めた液をたくさん飲んだ場合

すぐにコップ1〜2杯の牛乳又は水を飲ませ(食道や胃粘膜を保護するため)、病院へ。
吐かせないでください。
吐いたものが逆流すると、再度、粘膜が刺激されて、よくありません。また肺に入る危険性もあります。
ジュースなどの酸性飲料は飲ませないでください。
中和熱が発生して粘膜の損傷をさらにひどくします。
また、炭酸飲料も炭酸ガスが発生するので飲ませないでください。

◆目に入った場合
原液が目に入ると、激しい痛みがあり、やがて角膜が濁ります。
こすらずに、すぐに流水で15分以上洗眼し、眼科へ。

◆皮膚についた場合
すぐに流水でぬめり感がなくなるまで洗い流します。
痛みがある場合は医師に相談を。

2.
洗たく用漂白剤(酸素系・粉末)(弱アルカリ性)
商品名:ワイドハイター カラーブライト など 

◆うすめた液をなめたり、ひとくち程度飲んだ場合
すぐに水で、十分口をすすいでください。
念のためコップ1杯程度の牛乳又は水を飲ませます。(食道や胃粘膜を保護するためです)
ただし、様子がおかしいと思ったら、医師に相談してください。

◆原末または薄めた液をたくさん飲んだ場合
すぐにコップ1〜2杯程度の牛乳又は水を飲ませ(食道や胃粘膜を保護するため)、 医師に相談してください。
無理に吐かせないでください。
吐いたものが逆流すると、再度、粘膜が刺激されてよくありません。また肺に入る危険性もあります。
ジュースなどの酸性飲料は飲ませないでください。中和熱が発生して粘膜の損傷をさらにひどくします。
◆目に入った場合
こすらずに、すぐに流水で15分以上洗眼し、医師にみせてください。
刺激によって充血や痛みが出ることもありますが、大事に至ることはありません。

3.洗たく用漂白剤(酸素系・液体)(弱酸性)
商品名:液体ワイドハイター 手間なしブライト など 
◆うすめた液をなめたり、ひとくち程度飲んだ場合
すぐに水で、十分口をすすいでください。
念のためコップ1杯程度の牛乳又は水を飲ませます。(食道や胃粘膜を保護するためです)
ただし、様子がおかしいと思ったら、医師に相談してください。
◆原末または薄めた液をたくさん飲んだ場合
すぐにコップ1〜2杯程度の牛乳又は水を飲ませ(食道や胃粘膜を保護するため)、医師に相談してください。
無理に吐かせないでください。
吐いたものが逆流すると、再度、粘膜が刺激されてよくありません。また肺に入る危険性もあります。
◆目に入った場合
こすらずに、すぐに流水で充分洗眼
し、眼科へ。放置すると角膜をいためる恐れがあります。

◆皮膚についた場合
すぐに流水で充分洗い流し、痛みがあれば医師に見せてください。


柔軟仕上げ剤

◆うすめた液をなめたり、ひとくち程度飲んだ場合
ほとんど問題はありませんが、まず水で口をすすいでください。
念のためコップ1杯程度の牛乳又は水を飲ませます。(食道や胃粘膜を保護するためです)
ただし、様子がおかしいと思ったら、医師に相談してください。

原末または薄めた液をたくさん飲んだ場合
すぐにコップ1〜2杯の牛乳又は水を飲ませます。
無理に吐かせないでください。吐いたものが気管に入ると肺炎をおこす可能性があります。
嘔吐や下痢症状が激しかったり、様子がおかしいと思ったら、医師に相談してください。

目に入った場合
刺激によって充血や痛みが起こることもありますが、大事には至りません。
こすらずに、すぐに水で洗眼してください。よくならない場合は、眼科医に相談してください。


 

 


 Copyright © 2000-2009 一般社団法人 沖縄県薬剤師会 All rights reserved.