タイトル 第6回 沖縄県インフェクションコントロール研修会
最適な栄養輸液と透析療法を安全にサポートする感染対策
〜輸液ラインの皮膚・手指・環境消毒の重要性〜
日 時 2016年1月23日(土) 13:00〜16:50
場 所 浦添市産業振興センター・結の街 3F 大研修室
内 容 【基調講演】
 1.抹消静脈用アミノ酸輸液(PPN輸液)の開発背景と現状
 講師:株式会社大塚製薬工場 研究開発センター 桑原 孝 先生
 2.透析領域における皮膚消毒・環境整備
 講師:吉田製薬株式会社 学術部 薬剤師 山田 奈津子 先生
 3.透析室における感染対策〜当施設の現状と課題〜
 講師:地方独立行政法人那覇市立病院 医療支援部 
         感染対策室 感染管理認定看護師 又吉 慶 先生
 4.消毒薬の視点から覗く感染制御
 講師:琉球大学医学部附属病院 薬剤部・ICT 
                     薬剤師 ICD 潮平 英郎 先生

【特別講演】
 「カテーテル関連血流感染予防対策〜誤解と正解〜」
 講師:大阪大学臨床医工学融合研究教育センター 
 栄養ディバイス未来医工学共同研究部門 特任教授 井上 善文 先生

【パネルディスカッション】
「最適な栄養輸液と透析療法を安全にサポートする感染対策
            〜輸液ラインの皮膚・手指・環境消毒の重要性〜」
  JPALS
研修会コード
47-2015-0171-101
 問合せ先 沖縄県インフェクションコントロール研修会事務局:(FAX) 098-895-1432