研修会について

  1. トップ
  2. 薬剤師の皆様へ
  3. 研修会について

研修会へ参加される方へのお知らせ

薬剤師研修・認定システム(略称:PECS)への薬剤師登録について

日本薬剤師研修センター認定単位が付与される研修会の受講、認定薬剤師の認定申請等のためには、薬剤師個人がPECSに登録する必要があります。まだ登録がお済みではない方は、至急ご登録をお願い致します。なお、その際、氏名、薬剤師名簿登録番号及び薬剤師名簿登録年月日は、必ず薬剤師免許証によって誤りのないことを確認してください。また、氏名において、氏「○○」、名「□□」である者が、氏「○」、名「○□□」と登録するような事例が一定数あるとのことなので、ご留意お願い致します。

※勤務先の他の薬剤師(特に新人薬剤師や非会員)へもPECSへご登録いただけるようご周知お願い致します。

PECSの登録はこちら
PECSの登録方法[PDF]

※交付されますIDユーザーは紛失するとPECSが利用できなくなるので、お忘れのないよう印刷等をし、無くさず保管してください。

令和4年4月から開催の研修会について

PECSにおける研修受講単位の交付は電子的に行うため、PECSの個人登録を行っていなければ、研修受講単位は交付されないとのことです。また、研修会の受講後にPECSへ登録しても、遡って交付することはできないとのことです。

研修会終了後は、本会から日本薬剤師研修センターへ受講者データをアップロード致します。その際、受講者がエラーとなる方がいます。その理由としては下記に該当することと思われます。
 ・PECSへ登録していない。
 ・PECSの登録が誤っている(薬剤師免許番号等)
 ・受講時間が足りていない
 ・その他
エラーとなる理由は本会では判断致しかねます。ご了承ください。
また、エラーとなった方へ、本会から「PECSへ登録のお願い」等の連絡は致しません。

※受講者データをPECSへアップロードした研修会はホームページにその旨を掲載しております。

【集合研修】開催場所に足を運び研修会を受講

PECSの個人ページよりQRコードを印刷し、現地へお持ちください。
研修会の受付にはQR読取装置を設置しておりますので、研修会開始前と終了後にQRコードを呈示してください。

下記の場合は、理由の如何を問わず、いずれも単位の交付はできません
・QRコードを忘れた場合や、呈示を行わなかった場合。
・QRコードをスマホ画面より呈示したが、スマホ画面の破損等により、読み取れなかった場合。
・QRコードの呈示を開始前および終了後のどちらか一方のみしか行わなかった場合。
・開催時間の最初から最後まで参加しかなった場合。(受講時間が90分以上であっても不可)
・遅刻・早退で受講時間が不足している場合。(遅刻・早退が仕事の都合上であっても不可)
・QRコードの呈示時に、ごく短時間しか翳さなかったために、正常に読み取られなかった場合。

【WEB研修】ご自身の端末よりWEBにて受講

事前受付の際に、氏名・施設名・薬剤師免許番号をお知らせください。WEB受講の場合は、ログ時間をもって単位を付与致します。
受講者側のネット環境が悪く、回線が切れた場合は、本会では責任を負いかねますので、ネット回線には十分ご注意ください。

下記の場合は、理由の如何を問わず、いずれも単位の交付はできません
・PECSへ個人登録していない場合。(登録は新規の1回のみであり研修会毎の登録ではありません)
・事前申し込み時に薬剤師免許番号を伝えていなかった場合。
・事前申し込み時に薬剤師免許番号を誤った番号で登録した場合。
・開催時間の最初から最後まで参加しかなった場合。(受講時間が90分以上であっても不可)
・遅刻・早退で受講時間が不足している場合。(遅刻・早退が仕事の都合上であっても不可)
・Zoom使用者の名前を受講者の名前に設定していない場合。(本人確認が不可能のため)

製薬会社共催による日本薬剤師研修センター単位について

PECS稼働に伴い、製薬会社との共催による研修会において、日本薬剤師研修センターへの単位申請が、不可能となりました。

詳しくはこちら (PDF)

日本薬剤師研修センター認定研修が少なくなっておりますので、e-ラーニングをご活用ください。

日本薬剤師研修センターへ登録された実施機関のe-ラーニング研修について

有料になりますが、他団体の実施機関で日本薬剤師研修センターの単位が取得できるe-ラーニングがございます。

詳しくはこちら

※他団体のe-ラーニングにいてのお問い合わせは、各実施機関へお願い致します。

研修認定薬剤師申請ついて

日本薬剤師研修センターの研修認定薬剤師申請につきましては、これまでは本会を通して申請手続きを行っておりましたが、PECS稼働に伴い、認定申請は、本会を通さず各個人にて直接、日本薬剤師研修センターへ申請することとなりました。
PECS稼働前に取得された研修単位は、PECSの個人ページには自動で反映されないため、手動で入力していただく必要があります。
詳しくは、日本薬剤師研修センターのホームページをご確認下さい。

・研修認定薬剤師 新規申請の手順(PDF)
・研修認定薬剤師 更新申請の手順(PDF)

当面の間、認定申請の際は、研修受講シールを貼付した「薬剤師研修手帳」もしくは「研修受講シール整理表」を直接、研修センターへ送付することとなっております。
令和4年3月末までの分の研修単位シールは本会で管理しているため、認定申請の際には、「単位修得証明書」を発行致します。該当者は本会までご連絡いただけますようお願い致します。

【連絡先:098-963-8930 担当:稲嶺】

PECS稼働に伴う主な変更点(認定申請関係)

2021年12月まで 2022年1月11日から
申請方法 申請書(書面)を送付
住所地の都道府県研修協議会
PECS利用(電子的申請)
直接、個人からPECSへ
認定審査料の支払 あらかじめ郵便振替で入金
受領証(写し)を申請書類に添付
PECSで提示された方法で決済
※クレジットまたはコンビニ
薬剤師研修手帳または
研修受講シール整理表
申請書と同時に送付 PECSで必要事項入力後、送信されるメールを印刷し、それと共に送付
送付先 住所地の都道府県研修協議会 日本薬剤師研修センター
年間の区切り 新規 最初の単位取得日から起算 認定申請日(注)から1年ずつ遡って起算
更新 認定期間の初日から起算 ※変更なし
認定開始日 新規 申請者の希望 審査が終了し、認定された日
更新 認定期間終了日の翌日 ※変更なし
更新申請期間 認定期間終了日の2ヶ月前から1ヶ月後まで 認定期間終了日の2ヶ月前から3ヶ月後まで
認定を受けた事がある者が再び
新規認定申請する場合
(規定なし) 認定期間終了日の3ヶ月後の翌日から申請可能
(認定期間中及び認定期間終了後3ヶ月までは申請不可)
認定薬剤師カード(IDカード)の申込 認定申請と同時申込可能 認定申請とは別に申込

(注)新規申請の年間の区切り

新規申請の年間の区切り

これまでは最初の単位取得日から起算して1年目がスタートでしたが、これからは認定申請日から時の流れを遡って1年ごとに区切ることとなります。
(例)2022年1月16日に申請を行った場合
 1年目:2018年1月17日〜2019年1月16日
 2年目:2019年1月17日〜2020年1月16日
 3年目:2020年1月17日〜2021年1月16日
 4年目:2021年1月17日〜2022年1月16日

認定薬剤師申請時の留意事項

研修会を受講したものの未だ交付されていない電子的な単位を、自己判断により交付されていると見做して申請する例が相当数あるとのことです。このような申請を行った場合は、取得単位数不足により不認定となるようです。したがって、電子的な単位の交付が反映されるには次の期間を要することを念頭に置き、PECSの薬剤師メニューの受講歴一覧により、単位の交付が行われていることを確認したうえで、認定申請を行ってください。
 ・集合研修(QRコード)又は学術集会(QRコード)受講日から1週間後に反映
 ・ウエブ利用研修(集合研修即時配信)又はウエブ利用研修(学術集会) 受講日から1か月以内に反映
 ・e-ラーニング研修(登録された実施機関によるもの)受講した月の翌々月の末日までに反映

単位不足、書類不備などの理由により不認定となった場合は、必要書類等の追加提出はできず、改めて認定申請が必要となることです(ただし、規定の期間を過ぎた場合は申請できません)。また、この場合、認定審査料等の減免はないとのことです。

審査料等の納入においてクレジットカード決済を選択した場合、支払の事実を証明するものは利用明細のみとなります。それで支障のあるときは、コンビニ決済を利用してください。

日本薬剤師研修センターと互換性のある他団体の研修単位取扱いについて

認証機構より承認された、他団体の研修単位は、日本薬剤師研修センターの認定申請にも使用できます。その際は『受講証明書』の添付が必須になりますので、各団体より取り寄せて下さい。 ※他団体の単位使用上限は、新規20単位まで。更新15単位まで。

研修認定薬剤師制度の運営について[PDF]

PECSについての問合せについて

PECSは日本薬剤師研修センターのシステムであるため、本会へPECSについてお問合せがあっても、質問内容によってお答え出来かねます。
ご不明な点は直接、日本薬剤師研修センターの質問用アドレスへお問合せください。

・質問用メールアドレス:研修センター pecs-info@jpec.or.jp